FXトレードで初心者が気を付ける事とは?

FXトレードで初心者が気をつけること

FXトレードで初心者が気をつけること

FXトレードを始める人達がとても増えているようです。景気も停滞していましたが、アベノミクス効果なのかは定かではありませんが少しずつ景気回復してきているのも事実です。そんな中で個人投資家の数も増えれば経済も活性化し、お金の流れも大きくなってプラスに働くはずです。

 

そんな中、トレードが初心者でも安心して行えるように、業者がいろいろと努力しているようです。取引で気を付けなければならないことは、まず売買手数料とスプレッド、あと約定能力が高いFX業者を選ぶことが大切です。

 

まず売買手数料ですが、最近のFX業者では無料のところが主流になってきており、あまり売買手数料は気にすることはないかと思われます。しかし、シストレなどのソフトを利用したりする方には売買手数料が無料だと、なにかの利用制限がかかったりすることもあるので、売買手数料はあなたの能力に応じて選ばれたら良いと思います。

 

ただ初心者の方はシストレをいきなり導入する方は少ないと思いますので、できるだけ売買手数料が無料の会社を選べばよいです。次に約定能力の高い業者を選ぶことをおすすめしたい理由は、取引をしていると貴方が意図しないような約定が起こることがあります。

 

これはスリッページと言われるものですが、このスリッページが頻繁に起こってしまうと、あなたの利益に影響しかねないほど気を付けなければならないことです。例えば、貴方が指値注文にや逆指値注文を出したとしましょう。

 

でもあなたの指値注文が約定する前に大量の成行注文が約定してしまうケースがあります。基本的には、指値注文や逆指値注文よりも成行注文が優先して約定してしまうのでこれは仕方のないことなんです。

 

私のスリッページの対策として、約定能力が高い業者を選定するようにしています。約定能力が高い業者を見つけるのは簡単です、うまくいっているトレーダーが情報発信しているブログなどを参考にすればいろいろ良い情報発信してくれていますので必見です。

 

初心者必見のサイト

FX口座比較
FX初心者がカモにされないようにあらかじめ知っておくべきことは確認しておきましょう。
FX口座比較であれば口座比較からトレードをするための心得や具体的なノウハウも掲載されています。
エントリーポイントも重要ですが、決済のタイミングも大事になりますので実践前には必ずできるようになりましょう。

FX取引でスワップ金利を稼ぐ

FX取引では、スワップ金利というものを稼ぐことが可能です。このスワップというのは、高金利通貨を買うことで得ることができるようになるものですが、これは、非常に安定した収入を得る方法として、魅力的なものです。資産運用と考えて、高金利通貨を購入するというのは、大きな期待ができる方法と言えます。

 

今の時代、収入を増やすということを考えるときには、本業で一生懸命頑張るというだけでは、なかなか難しいものです。そのようなときに必要になってくるのが、資産運用と言う方法です。お金にお金を稼いでもらうということを行うことで、大きく収入を増やしていくということが、可能になるため、積極的に考えていく必要があるものです。

 

その方法としては、外貨を買うということが非常に期待できる魅力的なものになるでしょう。外貨を買うという時には、銀行を利用するという方法もありますが、この場合、大きな手数料がかかるというデメリットが有ります。このデメリットを軽減する方法として、FX取引を利用していく方法があります。

 

この方法では、非常に安い手数料で外貨を買うということが可能になるため、非常に有効な方法になります。また、高金利通貨を買った時には、スワップという金利差を得ることが可能になるため、非常に魅力的な外貨投資の方法ということもできます。

 

外貨の場合には、その価値がなくなるということは考えにくいものであるため、リスクの少ない方法といえるでしょう。株や不動産の場合には、その価値がなくなる、また空室などによってそこから収入を得ることができなくなるということが十分考えることができます。

 

そのような点からも、外貨投資には大きな期待ができると言えます。これからの時代はこのような方法を有効に利用して収入を増やすということを考えていくことも必要です。少しでも、有利な方法でスワップという収入源を手に入れることを考えるべきです。魅力的な資産運用と言えます。

移動平均線を用いたテクニカル分析

 

外国為替のテクニカル分析手法の基本として、MAとも呼ばれる移動平均線から売買の時期を判断する方法であるグランビルの法則があります。

 

グランビルの法則はアメリカのウォール街で株式アナリストだったジョセフ・グランビルが編み出した方法で、MAが相場の方向性を示すトレンド追随型のテクニカル指標であることを利用し、株価や為替相場とMAの位置関係で売買の判断をします。

 

買いの場合となるのは、まずMAが下降から横ばいか上向きになり為替レートが下から上に抜けた場合、MAが上昇し為替レートがMAを下回った場合、上昇しているMAより上で為替レートが下がったけどMAに触れずに上昇した場合、下降しているMAに対して為替レートが大幅に下回った場合の4つがあります。

 

次に売りの場合となるのは、MAが横ばいか下降しているときに為替レートがMAを下に抜けた場合、MAが下降し為替レートがMAを上回った場合、下降しているMAより下で為替レートが上がったけどMAに触れずに下降した場合、上昇しているMAを為替レートが大幅に上回った場合の4つです。

 

移動平均の期間を何日に設定するかは様々な意見があり、一概に何日が良いとは言えません。グランビルの法則は今でもテクニカル分析の基本として今でもとても有効です。

ホーム RSS購読 サイトマップ